日本プラムから督促がきたらどうなる?

カードを発行せずにクレジット契約ができるので急なショッピングやエステなどに利用できると評判な日本プラムです。しかし、返済できず、金融機関から連絡があった方、もしくはハガキや郵便で督促状が届いている方、督促を無視したり、放置していてはいけません。最終的には一括返済の請求をされたり、給与が差し押さえられたりするかもしれません。

必見 とにかく早めに対策をしたい方はこちらにご相談を!

匿名で無料相談できるところはコチラからどうぞ

自宅に督促状が届いている方

督促状が届く頃には、日本プラムから電話がかかってきているはずです。もし、日本プラムから着信があった方で、支払いが滞っている方は返済の催促の電話かもしれませんので無視せずにきちんと対応することが大事です。督促の電話は何度もかかってくるので、かかってくるのを待っているよりも、こちらからかけた方が印象は良くなるかもしれませんね。

必見 今すぐ督促を止めたい方、匿名で無料相談できるところはこちら

督促状が送付されたということは

日本プラムから督促状が来たということは、すでに取り立てが始まっていることになります。

日本プラムから「重要なお知らせです」という督促状のハガキが来ていませんか?このハガキの意味は、『未払いのローンの支払いがあります』という通知になります。

少しでもお金を借りて支払っておきたい方はコチラから申し込みを

まずは放置せず日本プラムに連絡をしましょう

日本プラムから督促状が届いたら、身に覚えのある方はすぐに連絡を入れましょう。いつ支払いができるのかをきちんと伝えるといいでしょう。もし、身に覚えのない方は、日本プラムを装った詐欺の可能性もありますので、取り扱いについては十分注意しましょう。

遅延損害金が発生し返済総額が増えてしまいます

日本プラムの支払いが遅れると利息のほかに遅延損害金が発生します。たとえ少額だとしても支払日の翌日から遅延損害金が発生するため、本来の請求金額に遅延損害金が加算されて請求されることになります。

延滞情報が登録されます

延滞が1ヵ月過ぎた時点で強制解約される危険性が高まり、クレジット契約が停止となり、強制解約となってしまいます。強制解約されてしまうと契約自体が解消されることになり、その後、日本プラムを利用することはできなくなります。

強制解約されたという情報が信用情報機関に共有されるため、金融事故情報に載ってしまうことになります。いわゆる『ブラックリスト』といわれるものです。

強制解約されるということは

  • 住宅や自動車のローンが組めなくなります
  • 新しくほかのクレジットカードの契約ができません
  • ショッピングローンやキャッシングでお金が借りられません
  • 携帯電話の分割払いができません
  • 賃貸住宅の契約で保証会社を保証人にする場合は審査に落ちてしまいます

などといったことが生じてしまいます。

少しでも返済しようと思っている方

滞納していてもお金が借りれるところがあります

お金を返さないとブラックリスト…?悩んでいるあなた、返済するために少しでも用立てたいという方には少額でも借りられるところもあるんです。

少額でも借りれると評判!今すぐにお金が必要な方はコチラがおすすめです

複数の金融機関にローンのある方はおまとめを!

複数のローンをひとつにまとめて一本化できる「おまとめローン」がオススメです。この「おまとめローン」を利用して月々の支払いを減らすといった方法もあります。

なお、おまとめローンを利用するときも審査がありますので、審査に甘いところを選ぶことをおすすめします。大手消費者金融以外にも、おまとめローンを揃えている貸金業者は決して少なくはありません。おまとめローンするならこちらがおすすめです。

審査に通りやすいと評判!おまとめローンならコチラがおすすめです

他社での借り入れが難しいという方でも借りれます

柔軟な審査で対応してくれる金融機関と言えばこちらがおすすめです。

柔軟な審査をしてくれるところといえばコチラがおすすめです

滞納している金額を一括請求されることも

長く滞納が続いてしまうと日本プラムから一括請求の通知が届くこともあります。一括請求の通知は、未払いになっている金額、遅延損害金の額、支払い期限などが記載された正式な通達になります。この通知が届いた場合は、期日までに返済しなくてはならなくなります。

また、期限内に支払わなければ法的な手段を取るといった旨も書かれていますので、一括での返済ができない場合には、法律事務所などに相談することを視野に入れておくといいかもしれません。

匿名で無料相談できる法律事務所はコチラ

裁判になり給与が差し押さえられます

クレジットの請求が未払いの場合であっても、必ず、裁判による差し押えを認める判決が必要となります。もし、差し押えを受けた場合、貯金や不動産、貴金属や債権などの物品が差し押さえられてしまいます。

そして、差し押さえが認められた場合、毎月の給与の一部も強制的にクレジット契約の返済に回されることになってしまい、給与の差し押さえが職場にもバレてしまいます。そうなる前に適切な対応を取ることが大切です。

このように裁判が行われるのは最悪なケースです。このようなケースにならないためにも早期に問題を解決することをおすすめします。

債権が日本プラムから債権回収会社へ委託されることもあります

日本プラムへの支払いが長期間滞納している場合、日本プラムから不良債権を譲り受けて債権回収会社へ委託されることもあります。この債権回収会社のうちシーエスジーという会社に委託された場合、ネットコミュニケーションズという探偵会社が自宅へ訪問してくることもあります。

「自宅に取り立てなんてこないだろう」と思っているかもしれませんが、現実はそう甘くはないようです。

借金問題は早期に解決しましょう

借金問題について、専門家に相談することで解決するケースも少なくありません。周囲に相談できず、1人で悩んでいる方はいませんか?思い切って専門家に相談してみるのもいいかもしれません。借金の早期返済について正しい知識や方法など教えてくれるので、問題解決の糸口がみつかります。

プロの専門家に依頼するメリット

借入れ先と自分で交渉することはなく、専門家の方が交渉してくれます。まず、専門家の方が借入れ先に交渉の手続きを開始してくれることで今までの借金の返済がストップします。そして、借金の返済する金額と返済期間が決めてくれます。決定するまでは、とりあえず借金返済に追われることがなくなります。

必見 借金でお悩みの方、匿名で無料相談できるところはこちらです

『相談料は無料だけど、本当に良い専門家なのかどうか心配』という方は、とりあえず匿名で相談をしてみて、信用できるかどうか自分で確かめることをおすすめします。安心して相談できる法律事務所はこちらから申し込むことができます。

借金の返済を待ってもらう、返済額を減らしてもらうなどの方法もあるんです

すでに返済により生活が困窮している方は、債務整理も視野に入れるといいでしょう。債務整理にもいくつか種類があります。

私の友人は、弁護士に相談して任意整理という方法で借金を減額してもらうことができました。ご主人にどうしても内緒にしたかったのでこの方法をとったと話していました。お願いしたら、督促がなくなり、弁護士の方が友人の代わりに返済金額についての交渉をしてくれて本当に助かったと安堵していました。

必見 任意整理に強い法律事務所はこちらから申し込みができます

自己破産した場合、借金は返さなくてよくなりますが、生活に最低限必要な家具家電やお金以外、全て没収されることになります。もちろん、自己破産は家族に知られずに行うことはかなり難しいです。

実際に債務整理された方で、今まで、月に13万円の借金返済が、月に3万円まで減額することができ、何とか返していけるようになったと聞いたことがあります。専門家には守秘義務がありますので、安心して依頼することができます。

必見 安心して相談できるところがあるんです!

匿名で無料相談できるところはコチラ

© 2022 日本プラムからの督促電話やSMSを無視していませんか?